人生100年時代の40代のつぶやき

昭和52年、巳年生まれの40代男性がこれからの人生について考えながら、日々の生活を、より良くするためのアイデアを考えるブログ

上場インフラファンドの比較

 

1.日本国内で上場されているインフラファンドの数

 日本では太陽光発電設備に投資し、その収益から投資家に分配するインフラファンドは東京証券取引所に上場されている。

 インフラファンドとしては以下の4ファンドが上場されている。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

タカラレーベン・インフラ投資法人

いちごグリーンインフラ投資法人

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

 加えて、2018年9月には「東京インフラ・エネルギー投資法人」の上場が予定されており、これで5法人の上場となる。

 私としては、資産規模が小さく、値上がり益も株に比べて低いものの、日本独特の高い固定価格買取制度を背景に安定した収益が確保できる投資対象として注目している。

2.インフラファンドの仕組み

  インフラファンドの概要については、日本取引所グループに記載があったので、概念図は以下の通り。

 インフラ(日本に上場されている投資法人の場合は、固定価格買取制度(FIT)を利用した太陽光発電設備)に投資し、それをオペレーターに賃貸する。

 オペレーターは太陽光発電の売電した電力を基に、インフラファンドに対して、賃料を支払い、賃料を原資として投資家に分配金を配分する仕組みとなっている。

 各ファンドを見ると、太陽光発電量の下落による投資家のリスクを回避するため、オペレーターとの賃料設定は固定の賃料と変動賃料に分けて設定していたりする。

 概要 | 日本取引所グループ

イメージ図

3.上場インフラファンドの比較

 各ファンドのディスクロージャーから、資産規模などを比較する。

 規模及び配当利回りでトップなのがカナディアンソーラーインフラ投資法人

 規模及び配当利回りで一番小さくのがいちごグリーンインフラ投資法人

 投資対象として適格性について検討していきたい。

銘柄名 タカラレーベン・インフラ投資法人 いちごグリーンインフラ投資法人 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 カナディアンソーラーインフラ投資法人
証券コード 9281 9282 9283 9284
上場日 2016年6月2日 2016年12月1日 2017年3月29日 2017年10月30日
スポンサー 株式会社タカラレーベン いちご株式会社 リニューアブル・ジャパン株式会社 カナディアン・ソーラー・インク
資産規模 物件数 24物件 15物件 21物件 18物件
取得価格 266億円 107.7億円 201億円 430億円
パネル出力 66MW 29MW 52MW 105MW
投資口価格 114,400円 64,200円 96,900円 99,600円
分配金予想(年) 7,342円 3,560円 6,460円 7,200円
分配金利回り 6.42% 5.55% 6.67% 7.23%

 

 

試験勉強が続かない理由と解決方法

 

f:id:mukaike:20180902175100j:plain

勉強する

1.勉強が続かない要因を時間から考察

 今年は事業承継について勉強をしようと決め、事業承継アドバイザーの試験を受け
 ようと決断はしたが、毎日勉強が継続できない。

 英語についても、TOEICの点数を合格するために英語の勉強をしようと思い、ヒア
 リングや単語の勉強をしようと思っているが、こちらも続かない。

 一人で自分を追い込み勉強に励むことには、苦手意識がある。

 仕事に使っている時間は、通勤時間を含めると、8時から20時までの12時間。

 残りの12時間だが、朝夜の食事が30分ずつ、朝の支度に30分、お風呂30分、
 睡眠7時間を除くとその他の時間は4時間もない。さらにそれを朝と夜に分割し、
 家族とのコミュニケーションの時間も考えると、ちょっとテレビなど見てしまうと
 もう時間はないということになる。

2.過去の成功した方法

 勉強ができない理由としては、1日に自由に使える時間がないということが現状
 の1番の問題となる。

 そうすると、残りの自由に使える時間を有効活用しようとしても、その時間が少ない
 のであれば、時間の有効活用といってもたかが知れている。

 私が上手く勉強ができていたころを振り返ると、

 (1)通勤電車のなかで試験用の問題や本を読んでいた

 (2)朝に出勤前の30分だけ喫茶店で勉強していた

 (3)休日の朝の時間を利用して勉強をしていた

 これはすべて、時間と場所を決めて、その間に集中して取り組んでいたことになる。

3.勉強を継続するための方法 

 少ない自由な時間を切り崩したり、休日の家族の時間を犠牲にすることなく、勉強を
 続けるためには、「意思を強く持つ」や「3日坊主にならないよう監視する仕組み
 をつくる」よりも

 (1)勉強を行う時間を決める

 (2)勉強を行う場所を決める

 この2つをはじめに決めて、毎日取り組むことが、最も有効な方法であると思う。

 ※今は自転車通勤のため、電車が使えないことが痛いです。

投資を行いたいと思った時に、立ち止まって検討すること

 

1.投資判断はどのように考えるのか

 日銀のゼロ金利政策などによる金余りや成長率の低下により、銀行預金の金利水準は0.01%と非常に低く抑えられている。

 インターネット検索では高利回りの商品との触れ込みで7%の利回りの金融商品の勧誘を見かける。

 想定通りの利益を確保できるのであれば、投資可能と判断できる。

 ただし、低金利という投資環境のなかで、本当にそのような高い利回りが継続的に達成できるのであろうかという不安もある。

 では、どうすれば継続的に投資可能かということが判断するのだろう。

2.投資を判断するためのステップ

 (1)投資環境の分析

   株式でも不動産でも、まずは投資環境の分析を行う。

   投資対象の業界について、規模、市場成長率、競合他社の動向について理解する
   それにより収益のモデルが継続可能か(一時的なものではないか)との分析を行
   う

 (2)当該案件の適切性

   次に投資対象案件について、適切さの分析をする

   財務内容が公表されているようであればその分析。今後の投資のためのものであ
   れば、投資対象の事業性(想定した利回りを得られる内容になっているか)を
   分析する

   相場のある商品であれば、過去と今の状況を比較して、割高な時期ではないかと   
   の検討を必要になる

 (3)初期投資の適切性

   1度に大きな投資を行わないこと。

   投資とは100%あたることはないが、これだけ自分が分析する時間をかけたの
   で、間違いないと思いたいのが人間の性。
   経験上、投資の時期を分けることで、平均取得価格をコントロールすることが成
   功確立を上げる要素だと思う。そのため、あせらず計画的な投資を行っていくこ
   とが大事である

3.最後に

  利回りの計算で、よく表面利回りとの記載をよく見る。 

  表面利回りは、企業で言うと売上金額であり、そこからどのくらいの原価がかかる
  り、手元にどのくらい残るかを計算して投資した方がよい。

  表面利回りどおりにいかない要因としては

  (1)売上が下回る(不動産の入居率、太陽光発電の発電量の低下など)

  (2)経費が必要(不動産であれば、修理費、固定資産税、保険料)

  (3)税金を考慮に入れていない(収益にかかる所得税法人税

  投資は自己責任です。適切なレバレッジ(調達方法)で、実施する必要があ
  りますね。

 

 

家計管理し貯金を増やすコツ(4)

 

 

1.振り返り

 家計管理の手順は以下の3ステップで検討していきます。

 (1)金額の目標を明確にする

 (2)大きな経費科目を見ていき、削減の余地はないか検討する

 (3)その他の経費のなかで固定的な経費を見直す

  金額目標の明確化については、改善目標金額(6万円)を設定し、家計支出の大きな科目をリストアップしました。

2.削減の検討

順位 費目 金額 (千円)
1 食費 56
2 医療・保険 52
3 クルマ 42
4 教育・教養 33
5 住まい 23
6 水道光熱 19
7 通信 18
8 日用雑貨 17

 各科目を見ていく際には、毎月細々した支払よりも、考えなくても支出が行われる支払(同じ金額が毎月支払われているもの=固定費)を引き下げていくことが、経費を落とす際には効いてくる。

 その観点でみていくと食費、水道光熱費、日用雑貨の検討は劣後にする。

 医療費:子供の歯科矯正治療、ギックリ腰治療のための整体代が大きな出費
     矯正の器具代の支払いとギックリ腰は治ったので4万円削減する

 クルマ:引っ越しに伴う駐車場の契約金と自動車税
     車検もあるため、大きな削減は見込めず

 教育 :子供の習い事、修学旅行、通信教育の会費
     習い事の見直しにより、1.5万円削減する

 通信 :au携帯と固定電話とインターネット回線

     携帯料金の見直し、固定電話とインターネット回線をauの光回線への
     変更により0.5万円を削減する

 これにより6万円削減は達成可能となる。

3.まとめ

 削減のステップに沿ってみていくと、大口の出費を大判振る舞いせず、しっかり管理していくことが必要である。

 その繰り返しが家計改善の近道となります。

順位 費目 金額 (千円) 見直し後金額 削減額
1 食費 56 56 0
2 医療・保険 52 12 40
3 クルマ 42 42 0
4 教育・教養 33 18 15
5 住まい 23 23 0
6 水道光熱 19 19 0
7 通信 18 13 5
8 日用雑貨 17 17 0
合計 60

 

おじいちゃん・おばあちゃん

 

 敬老の日です。

 私の祖父母とは同居していて、小さい頃は乳牛を飼っていたので、半分遊びながら手伝いをしていました。

 祖父の思い出は、軽トラに乗ってお出かけしたり、トップカーに乗っていたら転落したり、山に松茸を取りにつれて行ってもらったりと田舎ながらの自由に遊ばしてもらったイメージ。

 農業をしていたので、熱心に本などの記事をスクラップしていたので、それを見習って自分も記事のスクラップなどしています。

 高校の頃は、電車通学でしたが、駅まで3.5㎞あるので、夕方は車で迎えに来てもらっていました。

 孫たちのために手作りで竹をきってきてそうめん流しを作ってくれたり、小学校の夏休みの工作をするために木を切ってくれたりと、面倒をみてくれた。

 祖母には、お腹をすかして家に帰ったときに、手作りのおやつとして握り飯などをたべさせてもらっていた。

 少し荒れた畑や自分の家の中が散らかっていたりするのを見かけたりすると、こまごまと草取りや家の掃除をしてくれていたのだと感謝します。

 今はもう亡くなってしまった。恥ずかしがりで、人との関わりが上手くない自分としては感謝の気持ちなどは十分に伝えられていないと思う。

 しかし、自分が年を取り、人生を振り返ることが多くなった時に自分の先祖のことを思うと、一人で生きてきたのではなく、先祖の努力の上に自分の今があると思います。

 感謝の上に生きていきたいと思います。

 

家計管理し貯金を増やすコツ(3)

 

 

1.振り返り

 家計管理の手順は以下の3ステップで検討していきます。

 (1)金額の目標を明確にする

 (2)大きな経費科目を見ていき、削減の余地はないか検討する

 (3)その他の経費のなかで固定的な経費を見直す

  金額目標の明確化については、家計支出の大きな科目から逆算していくら必要かを算出していくことで明確になることを書きました。

  

2.家計の経費削減の検討

 1~8月の平均の支出金額は以下のようになっていた。

費目 金額 (千円) 比率
食費 56 18%
日用雑貨 17 5%
交通 11 3%
交際費 14 4%
エンタメ 10 3%
教育・教養 33 10%
美容・衣服 10 3%
医療・保険 52 16%
通信 18 6%
水道光熱 19 6%
住まい 23 7%
クルマ 42 13%
税金 1 0%
その他 14 4%
集計 320 100%

 改善のステップとしては

  1. 削減目標を設定
  2. 上位の品目をリストアップ(家計の8割まで)
  3. 上位から削減額を検討
  4. 合計して目標に達成しなければ、再度

小さな金額を改善しても改善効果は大きくないため、大きな科目から見ていく

3.上位金額のリストアップ

 削減目標としては、教育費の積立目標達成のため、家計の2割にあたる6万円の家計改善を目標にする。

 上位から順位をつけると、8割にあたる家計費目は以下のとおり

順位 費目 金額 (千円) 比率
1 食費 56 18%
2 医療・保険 52 16%
3 クルマ 42 13%
4 教育・教養 33 10%
5 住まい 23 7%
6 水道光熱 19 6%
7 通信 18 6%
8 日用雑貨 17 5%

 次回は費目ごとに無駄や削減余地はないか見ていくことにします。